PR:

バスケ不祥事 4選手の所属チームが謝罪「軽率な行動。心よりお詫び」

大阪エヴェッサの橋本拓哉
Photo By スポニチ

 ジャカルタ・アジア大会のバスケットボール男子日本代表が公式ウエアで市内の歓楽街を訪れた問題で、日本代表資格をはく奪され、強制帰国させられた4選手が所属するBリーグの各チームが20日、それぞれコメントを発表した。

 橋本拓哉(23)が所属する大阪エヴェッサの代表取締役の安井直樹氏は「アジア競技大会に日本代表選手として参加していた弊クラブ所属の橋本 拓哉選手が活動中に非常に軽率な行動をしてしまったことについて、誠に残念でなりません」とし、「日本オリンピック委員会、日本バスケットボール協会ならびにBリーグ、そして日頃より大阪エヴェッサをご支援ご声援いただいているパートナー企業の皆さま、関係者の皆さま、そしてファン・ブースターの皆さまへ多大なるご心配とご迷惑をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます。弊クラブといたしまして、日本を代表する活動の中で起こした今回の事象を大変重く受け止め選手研修などの教育を改めて実施いたしまして、再発防止を徹底して取り組んでまいります」とした。

 今村佳太(22)が所属する新潟アルビレックスBBの小菅学社長は「弊クラブ所属の今村佳太選手が、日本代表での活動中に軽率な行動をとりましたことを、日本オリンピック委員会、日本バスケットボール協会、バスケットボールファンの皆様、そして、日頃よりご支援を頂戴しております新潟アルビレックスBBに関わる全ての方々に深く心よりお詫び申し上げます」と謝罪。「この度の件につきましては、代表活動中のこととはいえ非常に残念であり、クラブといたしましても大変重く受け止めております。今後につきましては、チームルールを再度徹底し、再発防止に全力で取り組んて参ります」とした。

 佐藤卓磨(23)が所属する滋賀レイクスターズの坂井信介社長は「この度の弊クラブ所属佐藤卓磨選手のアジア競技大会開催中における不適切行動につきまして、大変残念に思っております。日本代表として送り出してくださった滋賀レイクスターズのファン並びにスポンサーの皆様はじめご支援、ご声援をいただいている関係者の皆様、また、日本オリンピック委員会及び日本バスケットボール協会の皆様に謹んでお詫び申し上げます」と謝罪。「日本代表として模範であるべき立場ながら、軽率な行動で関係各位にご迷惑をおかけすることとなり、所属クラブとしても責任を重く受け止めております」とクラブとしての責任にも言及し、「クラブとして選手教育に改めて取り組み、再発防止に努めて参ります」と再発防止を誓った。佐藤に対するクラブ対応については「Bリーグ事務局とも協議し決定いたします」とし、ラ改めて「本件に関して心からお詫び申し上げます」と謝罪した。

 永吉佑也(27)が所属する京都ハンナリーズの高田典彦社長は「弊クラブ所属の永吉選手が、日本代表で活動中に軽率な行動をしてしまったことはまことに残念です。日本オリンピック委員会、日本バスケットボール協会ならびに弊クラブを支援していただいています皆様はじめ関係者の皆様、そしてファンの皆様に多大なるご心配、ご迷惑をお掛けしましたことを心よりお詫び申し上げます」と謝罪。「弊クラブとしましては、代表活動中のこととはいえ今回の事象を大変重く受け止めています。クラブ全体として選手研修などの対策を改めて強化し、再発防止に取り組んで参りたいと考えております。永吉選手に対するクラブ対応については、本人と直接面談した上で改めて発表いたします」とした。

 JOCによると、当該4選手は16日にあった1次リーグ2戦目のカタール戦終了後、日本選手団の公式スポーツウエアを着て、食事を取るために選手村外へ外出。日本食店で飲食をした後、日系人に声をかけられて立ち話をした後、女性が接客をする店を紹介された。日系人の仲介により、4選手はそれぞれ女性を伴ってホテルへ行き行為に及んだ後、ホテル周辺で待ち合わせ、タクシーに乗って17日未明に選手村に戻ったという。

[ 2018年8月20日 13:58 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:11月18日22時〜23時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      アスリート

      コラム