松山英樹 通算9アンダーで暫定22位「久々にいいスコア」

[ 2018年8月19日 09:01 ]

 米男子ゴルフのレギュラーシーズン最終戦、ウィンダム選手権は18日、ノースカロライナ州グリーンズボロのセッジフィールドCC(パー70)で第3ラウンドが行われたが、雷接近による中断後再開できず、30人が競技を終えられなかった。52位で出た松山英樹は1イーグル、5バーディー、1ボギーの64をマークし通算9アンダー、201で暫定22位。

 ブラント・スネデカー(米国)が7ホールを終えて二つ伸ばし、通算16アンダーで暫定トップ。3打差の2位に12ホールを終えたブライアン・ゲイ(米国)がつけた。

 19日は第3ラウンドの残りと最終ラウンドが行われる。

 ▼松山英樹の話 久々にいいスコアで回れて良かった。パットは惜しいものがたくさんあったが、それでもうまく入ってくれた。やっぱり結果が出るとすごく楽になる。まだ(パットに)不安はあるけれど、これをしっかりと続けたい。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2018年8月19日のニュース