釜石鵜住居復興S19日開場、ヤマハ発・清宮監督、好ゲーム約束

[ 2018年8月19日 05:30 ]

こけら落としを前に釜石鵜住居復興スタジアムで調整するヤマハ・フィフティーン(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 19年ラグビーW杯日本大会(9月20日開幕)唯一の新設試合会場、岩手県釜石市の釜石鵜住居(うのすまい)復興スタジアムが19日、地元の釜石シーウェイブスとトップリーグ・ヤマハ発動機の親善試合でオープニングを迎える。18日は両軍が前日練習を行い、感触を確かめた。

 東日本大震災で約600人が亡くなった地区に建設されたスタジアムは東京ドームなどから寄贈された観客席など収容6000人。W杯ではスタンドを仮設して1万6000人収容となる。震災直後に訪れて以来、交流を続けるヤマハ発動機の清宮克幸監督は「素晴らしいスタジアムができた。ラグビーの素晴らしさを感じていただくことが我々の使命」と好ゲームを約束した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2018年8月19日のニュース