大里 初の首位、上がり3連続バーディー 自然体で初V狙う

[ 2018年8月19日 05:30 ]

女子ゴルフツアー CATレディース第2日 ( 2018年8月18日    神奈川県大箱根CC=6704ヤード、パー73 )

CATレディース第2日 18番、ティーショットを放つ大里(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 11位から出た大里が通算10アンダーで初の首位に立った。16番からの上がり3ホールを連続バーディーで「難しいホールが続いたんですけど、バーディーを取ることができて凄くうれしい」と笑顔。98年生まれの“黄金世代”だが、昨年のプロテストは不合格。2度目の挑戦で今年7月に合格した。最終日最終組も初めてで「いつも裏街道のスタートで(笑い)緊張すると思うが、楽しみながらできたら」と自然体で初優勝を目指す。

 ▼2位森田遥 ノーボギーだったので最後にボギーはショック。でも、それ以外は良かったです。(18番でボギーを叩いたが、5バーディー、1ボギーの69をマーク)

 ▼2位ささきしょうこ ラッキーもありましたね。明日は前半からパットを決めればチャンスがあるかな。(13番でチップインイーグル。1イーグル、4バーディー、2ボギーの69)

 ▼4位堀琴音 今週こそは予選を通過しなければというプレッシャーはあった。本当に楽しく回れました。(5バーディー、1ボギーの69。棄権の1試合も入れると18試合ぶりの予選通過)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2018年8月19日のニュース