田村 ボギーなし 67で2位浮上、5バーディーに「上出来」

[ 2018年8月19日 05:30 ]

男子シニアゴルフツアー ファンケル・クラシック第2日 ( 2018年8月18日    静岡県 裾野CC=7009ヤード、パー72 )

ファンケル・クラシック第2日 1番でティーショットを放つ田村
Photo By スポニチ

 8位から出た田村尚之(54=ダイクレ)が5バーディー、ボギーなしの67で回り、通算8アンダーの2位に浮上した。グレゴリー・マイヤー(56=米国)が通算9アンダーで首位。首位と2打差の3位にはシニア参戦2年目の張本茂(51=至誠館大)が入った。大会特別顧問でプロ野球・巨人前監督の原辰徳(60=ファンケル)は86で通算20オーバー、74位の最下位となったが、原人気でギャラリーは9553人と大会2日目の最多を更新した。

 田村が5バーディーを奪い「上出来ですよ。ホッとしている」と胸を張った。今春、背中を痛め歩くこともままならなかったが、必死の治療で「3週間くらい前から普通にボールが上がるように」と状態は上向き。49歳でプロに転向、所属先ダイクレの関連会社役員も務める。会社のある広島県呉市は西日本豪雨に見舞われた。会社や自宅は無事だったが街には被害が残っており「こういう時は元気を出さないと」と気持ちを込めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2018年8月19日のニュース