PR:

桃田、ジャカルタ入りで初の金へ意欲 痛めた腹筋「治った」

アジア大会 ( インドネシア・ジャカルタ )

<アジア大会到着>ジャカルタに到着した桃田賢斗(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 ジャカルタ・アジア大会は18日にインドネシアの首都ジャカルタのメイン会場となるブンカルノ競技場で開会式が行われ、熱戦が幕を開ける。バドミントンの男子シングルス世界王者、桃田賢斗(23=NTT東日本)や日本選手団の旗手を務めるソフトボール女子のエース上野由岐子(36=ビックカメラ高崎)らが16日、羽田からジャカルタ入りした。

 桃田は約3週間前に腹筋を痛め、世界選手権では全力でスマッシュを打てなかったが、「もう治りました。合宿ではいい練習ができた」と不安はない様子だ。4年前の仁川大会は3回戦敗退。世界選手権に続く初の金メダルへ向けて「日の丸を身につけると気が引き締まる。責任を持って戦いたい」と意欲を見せた。ソフトボールは5連覇が懸かっており、上野は「(20年東京五輪に向けた)通過点。確実に勝ちたい」と気を引き締めた。

 既に競技が行われているハンドボール女子の1次リーグB組で日本は香港を破って2連勝。バスケットボール男子の1次リーグC組で日本はカタールを下し、初勝利を挙げた。

[ 2018年8月17日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:09月20日19時〜20時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画