体操・谷川翔、アジア大会「楽しみ」公式服は兄サイズ

[ 2018年8月15日 08:55 ]

成田空港で取材に応じた谷川翔は、初のアジア大会に向けてガッツポーズ
Photo By スポニチ

 アジア大会(18日開幕、インドネシア・ジャカルタ)に出場する体操男子の史上最年少全日本王者、谷川翔(19=順大)が15日、成田空港で取材に応じた。

 初の国際総合大会を前に「楽しみな気持ち。選手村とかも初めてなので、どんな感じなのかなあ」と胸を高鳴らせる。最強のライバル、中国は主力が出場予定で「普通にやったら中国が上にくる。ミスを待つわけじゃないけど、自分たちが完璧にやっていい勝負ができたら」と気合十分。団体総合、個人総合の2冠を目標に掲げた。

 日本オリンピック委員会(JOC)から支給された洋服を着用して出発。5月のNHK杯終了時点で、日本協会は仮のアジア大会代表として谷川の兄・航のサイズを登録。その後、スーツなどの支給品のサイズ変更は間に合わず、翔には兄仕様のものが渡された。「サイズが少し大きい。(兄は)意外と足が長いんだなと思った」と笑い、決戦の地へ向かった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2018年8月15日のニュース