PR:

日大 パワハラ報道のチア部監督を解任「学生の指導に支障をきたす懸念」

 日大は9日、女子部員に対するパワハラが報じられた応援リーダー部(チアリーディング部)の女性監督を同日付で解任したと発表。理由は「学生の指導に支障をきたすことが懸念されると判断したためです」とした。

 日大企画広報部が「日本大学保健体育審議会応援リーダー部監督のパワハラ報道に関する件について」と題する文書を発表。「日本大学保健体育審議会は、応援リーダー部監督を本日付で解任いたしました。学生の指導に支障をきたすことが懸念されると判断したためです」と報告。「部員・学生の動揺も懸念されているため、臨床心理士等によりケアするサポート体制を既に整えております」と対策を講じていることも明かした。

 「本件については、かねてより本学の人権救済委員会において調査を進めており、近く結論を出す予定です。なお女子部員及び監督双方のプライバシー保護の観点から、詳細についてはお答えできません」としている。

 女子部員はこの日、女性監督から暴言などのパワハラを受けたとする声明を、代理人弁護士を通じて報道機関に公表。自殺を考えるほど精神的に追い詰められ、学内の保健体育審議会に対応を求めたが、解決につながらなかったとしている。

 声明によると、パワハラ行為があったとしているのは、今年2月上旬。女子部員は当時、負傷のため受けた手術の術後経過が悪く、リハビリを続けたいと希望していた。

 監督は、部員が強豪出身高のウエアを着用していたのを見とがめ「過去の栄光にすがりついている」と叱責。「成績を残せないどころか、ケガで試合すら出られない」とも非難した。

 部員は、審議会や学部に助けを求めたが「日本大としてできることはもうない」と対応を打ち切られたと訴えている。

[ 2018年8月9日 18:10 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:10月20日19時〜20時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画