女子サーフィン川合 五輪まであと2年「ずっと日本のトップでいたい」

[ 2018年7月24日 09:10 ]

東京五輪まであと2年

米国での大会出場のため、羽田空港から出発したサーフィンの川合美乃里は、東京五輪開幕2年前を意識しダブルピース
Photo By スポニチ

 サーフィン女子の川合美乃里(17)が、米カリフォルニア州の大会に出場のため、羽田空港から出発した。

 24日は東京五輪開幕2年前。「あと2年しかないと思っている。(代表に)選ばれるためにずっと日本のトップでいたい」と決意表明した。今大会はプロ最高峰ツアーの予選ツアーとしては最も格付けが高く、トップ選手もこぞって出場する。同格の大会ではこれまで9位が最高成績の川合は「技術の差はあるので、自分のサーフィンを出し切りたい。最低9位、できれば5位に入りたい」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年7月24日のニュース