ソフトボール上野 東京五輪開幕戦が38歳誕生日「運命を感じる」

[ 2018年7月24日 09:10 ]

東京五輪まであと2年

東京2020公式ショップのオープニングイベントに出席した上野(左)とリオデジャネイロパラリンピック競泳代表の森下
Photo By スポニチ

 ソフトボール女子日本代表で北京五輪金メダルの上野由岐子(36=ビックカメラ高崎)が23日、都内で行われた東京2020公式ショップのオープニングイベントに出席し、「東京五輪のソフトボール開幕戦(7月22日)は自分の38回目の誕生日。巡り合わせに運命を感じる」と2年後に向けて意気込みを語った。

 来月2日には、五輪の前哨戦となる世界選手権が千葉で開幕する。今後も大黒柱としての活躍が期待されている上野は「(世界選手権で)まだまだ上野はできるという、年齢を感じさせないプレーをしたい」と気合を入れていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年7月24日のニュース