元三重ノ海・石山氏 御嶽海V喜ぶ「手本となる力士に」

[ 2018年7月24日 05:30 ]

 元横綱・三重ノ海で、引退後は年寄「武蔵川」として理事長も務めた相撲博物館館長の石山五郎氏(70)が、御嶽海の活躍を喜んだ。

 出羽海部屋の力士の優勝は、自身の最後の優勝だった1980年初場所以来38年ぶり。「出羽海部屋で育った人間だから、うれしい。どんどん稽古をして、このチャンスをつかんでほしい」と大関昇進も期待した。出羽海部屋は歴代最多の横綱9人を輩出するなど名門。「普段の行いなど、手本となる力士になってもらいたい」と伝統の継承も託した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年7月24日のニュース