御嶽海「申し訳ない思いあった」内定辞退・和歌山県庁からの祝福に感慨

[ 2018年7月23日 10:47 ]

初優勝を果たした大相撲名古屋場所の千秋楽から一夜明け、笑顔で写真撮影に応じる御嶽海
Photo By 共同

 大相撲名古屋場で初優勝した関脇・御嶽海は東洋大卒業後、実業団の強豪でもある和歌山県庁に就職予定だった。それでも熱心なスカウトを受けて出羽海部屋に入った経緯がある。

 愛知県犬山市で23日、千秋楽一夜明けに臨んだ御嶽海は、和歌山県庁への思いも口にした。初優勝後、和歌山県庁から祝福のLINEが届いたことを明かし、「申し訳ないという思いもあった。少しでも、活躍する姿をみせられてよかった」と感慨深そうだった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年7月23日のニュース