×

リオ五輪代表・西崎、日本新狙う パラ・パワーリフティング

[ 2018年7月21日 05:30 ]

ガッツポーズをする(左から)西崎哲男、大堂秀樹、森崎可林、リン・ツーフイ
Photo By スポニチ

 パラ・パワーリフティングの「2018ワールドパラパワーリフティング アジア&オセアニアオープン選手権」(9月8〜12日、北九州市・北九州芸術劇場)発表会見が20日、都内で行われた。

 20年東京パラリンピックに向けて誘致されたもので、アジア選手権を発展させて行われる大会には31カ国234選手が参加する。日本は29選手が出場。男子54キロ級のリオデジャネイロ・パラリンピック日本代表・西崎哲男(41=乃村工藝社)は「最高の環境なので、自己最高(136キロ、日本記録)を更新したい。パワー、迫力を感じてもらいたい」と意気込んだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2018年7月21日のニュース