サンウルブズ参入3年目で初のシーズン3勝目、シンガポールでも初勝利

[ 2018年6月30日 23:18 ]

ラグビー スーパーラグビー第17節 ( 2018年6月30日    シンガポールなど )

ブルズ戦で突進するサンウルブズのフッカー、ブレグバゼ
Photo By ゲッティ=共同

 日本のサンウルブズはホーム扱いのシンガポールにブルズ(南アフリカ)を迎え撃ち、42―37で勝利。スーパーラグビー(SR)参入3季目で過去最多となるシーズン3勝目(11敗)を挙げた。シンガポールでも3季目で初勝利となった。

 前半は2トライを先取しながら、簡単なミスから2トライを返され、さらに終了間際に1トライを失って14―21で折り返したサンウルブズ。一進一退の攻防が続いた後半だが、序盤からアタックで存在感を放っていたCTBリトル(三菱重工相模原)が後半25分にトライを挙げ、その後のゴールを決まって35―34と逆転に成功。PGを決められ再び2点リードを許したが、同35分に今度は途中出場のウォーレンボスアヤコ(NTTコム)が力強いボールキャリーで逆転トライ。そのまま逃げ切り、新たなチーム史を打ち立てた。

 サンウルブズは日本代表の強化のため、2016年からスーパーラグビーに参戦。初年度は1勝、2季目の昨季は2勝。今季も開幕9連敗と出遅れたが、5月12日のレッズ戦(秩父宮)で初勝利を挙げると、続く19日のストーマーズ戦(香港)では初の2連勝を飾り、徐々に成果が上がってきた。

 今季も7月7日のワラタス戦(シドニー)、同13日のレッズ戦(ブリスベン)を残すのみ。3シーズンで未だないアウエーでの勝利とともに、4勝目、5勝目を目指す。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2018年6月30日のニュース