「やりましたね」「おお」 日大アメフト部悪質タックル問題で新事実

[ 2018年6月29日 16:13 ]

日大アメフット部・内田前監督(右)と井上コーチ
Photo By スポニチ

 日大アメリカンフットボール部による悪質な反則問題を調査している日大の第三者委員会は29日、東京都内で中間報告を発表し、守備選手の危険なタックルについて内田正人前監督、井上奨前コーチの指示で行われたと認定した。

 中間報告書の中では、当該選手が危険なタックルを行った直後の内田前監督、井上前コーチの生々しいやりとりも明らかにされた。

 サイドラインから一連のプレーを見ていた2人。危険なタックルの直後、井上前コーチは左側に立っていた内田前監督に近づき、両者はこんな会話を交わしたという。



 井上前コーチ「A(当該選手)がやりましたね」

 内田前監督「おお」



 第三者委員会委員長の勝丸充啓弁護士は「この点は関東学連の規律委員会による報告書には出ていなかったが、ヒアリングの過程で明確に話す方がおり、映像からも裏付けられたということ」と説明。証言は信用に足りるものとして、第三者委員会として事実認定した。また、内田前監督、井上前コーチに同様のやりとりがあったかを聞き取り調査したが、「基本的に2人は認めていない」と否定したという。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年6月29日のニュース