日大第三者委、内田前監督の指示を認定 “口止め”不当介入の事実も明らかに 反則問題で中間報告

[ 2018年6月29日 14:10 ]

中間報告記者会見を行った日大アメフト部第三者委員会の(左から)磯貝健太郎事務局長、勝丸充啓委員長、辰野守彦委員長代理(撮影・三島 英忠)
Photo By スポニチ

 日大アメリカンフットボール部の悪質な反則問題を調査している日大の第三者委員会は29日、東京都内で記者会見を開き、調査内容の中間報告を公表。関学大QB選手に危険なタックルを浴びせた選手に対し、内田正人前監督、井上奨(つとむ)前コーチによる指示があったことを認定した。

 同委員会の勝丸充啓委員長がこれまでの調査内容について報告。反則の指示があったとする事実を認定する要素として、内田氏が時には選手を精神的に追い込み、また、普段から反則行為を容認するかのような指導を行っていたこと、内田氏と井上氏の力関係などを説明。そのうえで、関係証拠とも符合した選手の説明は信用できるが、内田・井上両氏の説明は不自然かつ不合理で信用できる関係証拠とも矛盾することから、信用することができないとした。

 また、事件発生後、一部の日大関係者から、当該選手に責任を押し付け、監督・コーチの指示はなかったことにしようとする不当な介入が行われていたことも明かした。5月14日に井上氏が内田氏の指示で本件に関係する選手らを三軒茶屋キャンパスに呼び出し、別の日大関係者が「本件タックルが故意に行われたものだと言えば、バッシングを受けることになるよ」と圧力。内田氏の関与がなかったことのように説明するよう、口封じを行ったという。同16日には、事情聴取直前の部員に対し、日大職員が内田氏の指示については話さないように求めていたことが、一部の関係者の証言から明らかになったことも伝えた。

 関東学生連盟の規律委員会による調査では、内田前監督、井上前コーチから守備選手に対して反則をするように指示があったと認定。前監督と前コーチの2人を除名処分とし、チームにも条件付きでの2018年度シーズン終了までの公式試合出場資格停止処分を科している。

 第三者委員会は弁護士7人で構成され、選手らに聞き取り調査を行い、最終的に7月下旬を7めどに再発防止策などをまとめる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2018年6月29日のニュース