スクラム進境 マイボール全て確保 稲垣「圧も感じなかった」

[ 2018年6月24日 05:30 ]

ラグビーリポビタンDチャレンジカップ2018第3戦   日本28―0ジョージア ( 2018年6月23日    豊田スタジアム )

 相手が得意とするスクラムでは、9本のマイボールを全て確保。相手ボールでは反則を取られる場面もあったが、プロップ稲垣は「審判と(合図の)タイミングが合わずに押されたものもあったが、それ以外は自分たちのスクラムができた。圧も感じなかった」と手応えをつかんだ。後半3本のトライは2本がターンオーバーからの速攻、1本がキック絡みと日本の形が出たもの。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年6月24日のニュース