多田 前向き貫く「調子が悪くても勝てるぞ、というところを決勝で見せたい」

[ 2018年6月23日 05:30 ]

陸上日本選手権第1日 男子100メートル ( 2018年6月22日    山口・維新みらいふスタジアム )

男子100メートル準決勝、力走する(左から)桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥、竹田一平、多田修平
Photo By 共同

 多田の“超ポジティブシンキング”は健在だった。予選は10秒35(向かい風0・3メートル)、準決勝は桐生、ケンブリッジに差を開けられての10秒31で3着だった。それでも「この状態で勝てばプラスになる。調子が悪くても勝てるぞ、というところを決勝で見せたい」と前向き。日本歴代7位の10秒07を誇る男の目は死んでいない。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年6月23日のニュース