日大の処分解除想定し、今秋リーグ戦の日程組む 関東学生アメフト連盟

[ 2018年6月14日 05:30 ]

 関東学生アメリカンフットボール連盟が13日に都内で開いた理事会で、悪質な反則問題によって公式試合の出場資格を停止されている日大が処分の早期解除を受ける可能性を想定し、日大を入れて今秋のリーグ戦日程を組むとの方針が報告された。事前に会場の確保などが必要なためで、理事からは異論は出なかったという。理事会は、日大アメフット部が処分解除を受けるために今後提出予定の改革案や再発防止策などを確認する検証委員会の設立を承認。森本啓司専務理事は今月中に人選する意向を示した。同専務理事によると、日大アメフット部からチーム再建案はまだ関東学連に提出されていない。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年6月14日のニュース