PR:

“崖っぷち”バスケ男子日本代表、八村&ファジーカスを招集

バスケットボール日本代表候補に入った八村塁(前列右から2人目)、ニック・ファジーカス(前列左から2人目)
Photo By スポニチ

 日本バスケットボール協会は11日、男子W杯アジア1次予選の日本代表候補選手24人を発表し、NCAA(全米大学体育協会)1部で活躍する八村塁(20=米ゴンザガ大)、4月に日本国籍を取得したBリーグリバウンド王のニック・ファジーカス(32=川崎)がメンバー入りした。現在4戦全敗で崖っぷちに追い込まれている日本は29日にホーム(千葉ポートアリーナ)でオーストラリア、7月2日にアウエーで台湾と対戦する。

 リバウンドなどインサイドの攻防で苦しんできた日本にとっては待望のビッグマンの合流だ。都内で会見したフリオ・ラマス監督は「彼らのスキルがチームに貢献することは誰もがわかっている。ニックは4番(パワーフォワード)と5番(センター)、塁は3番(スモールフォーワード)と4番でプレーできるポリバレントな選手だ」と2人への期待を口にした。

 大きな期待を背負う2メートル03の八村は「日本代表の一番上のカテゴリーでプレーできるのは誇りに思う。リバウンドで助ける部分があると思う」と高さでの貢献を誓った。過去の日本代表の試合をチェックしたという2メートル10のファジーカスは「自分がいれば、攻撃面でも改善できる。得点を取ることはもちろん、リーダーシップを発揮したい」と意欲たっぷりに語った。

[ 2018年6月11日 17:22 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:06月19日05時〜06時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画