楢崎智2位「ベストは尽くせた」

[ 2018年6月4日 05:30 ]

スポーツクライミングボルダリングW杯第5戦最終日 ( 2018年6月3日    エスフォルタアリーナ八王子 )

W杯ボルダリング第5戦 男子決勝で課題に挑む楢崎智
Photo By 共同

 16年世界選手権金メダルの楢崎智は2位だった。

 第3課題まで1つもクリアできなかったが、最終第4課題で意地を見せた。軽快に登り切って“一撃”。最後に試技を行ったモロニがクリアしたため優勝には届かなかったが、「追い込まれた状況で1回で決められて良かった。ベストは尽くせた」と振り返った。

 今季の目標はボルダリングのW杯年間王者ではなく、世界選手権を挙げ「優勝したい」と意気込んだ。楢崎智に次いで杉本怜(26=北海道連盟)が3位。「疲労困憊(こんぱい)で全身バキバキ。何とか表彰台にいけて良かった」と話していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年6月4日のニュース