錦織 キッカーの八百長問題に言及「正直言ってとても悲しい」

[ 2018年5月28日 08:30 ]

テニス 全仏オープン第1日 ( 2018年5月27日    ローランギャロス )

全仏オープン1回戦を突破した錦織(AP)
Photo By AP

 錦織は初戦を終えた後の会見で、世界84位のニコラス・キッカー(25=アルゼンチン)が八百長関与で暫定的な出場停止処分を受けたことに言及した。開幕直前に会場で一緒に練習をしていた相手だけに「正直言ってとても悲しい。トップ50にも入れるいい選手だから」と残念がった。

 キッカーは09年にプロ転向し、下部大会で3勝しているがツアーでは未勝利。昨年4月に初めてトップ100に入ってからその座をキープしていたが、15年の下部大会で八百長を行ったとの裁定を受けた。錦織は「気持ちは分かるとは言いたくないが、厳しい生い立ちの選手もいて、お金のない選手もいると思う。だから何事にもノーと言えるように強くならないといけない。事実だとしたら悲しい」とテニス界にはびこる八百長問題への姿勢を示した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2018年5月28日のニュース