日大・内田前監督「心身の疲労」で入院 会見から病院直行

[ 2018年5月24日 11:33 ]

会見する日大アメフット部・内田前監督(右)と井上コーチ(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 アメリカンフットボールの悪質な反則行為の問題で日本大は24日、詳細な経緯などについての再回答書を関西学院大に提出する。関学大が17日に日大の回答に疑念と不満を表明し、改めて真相究明を求めていた。

 関学大は、日大アメフット部の内田正人前監督らが行った緊急記者会見を受け、日大からの再回答書への対応と合わせ、26日の記者会見で説明する方針を24日、改めて示した。日大広報部は24日、内田前監督が23日の会見後に心身の疲労を訴えて、東京都内の病院に直行して入院したと発表した。

 26日の関学大の会見には鳥内秀晃監督、小野宏ディレクターのほかに、負傷した選手の父親の奥野康俊さんも出席する予定。

 23日の会見で、内田前監督と辞任を表明した井上奨コーチは、反則で負傷した関学大の選手らに謝罪した上で、意図的な反則指示を否定。タックルした宮川泰介選手の受け止め方と食い違っている。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年5月24日のニュース