両横綱1敗死守 白鵬は納得の白星「いい相撲」

[ 2018年5月21日 05:30 ]

大相撲夏場所8日目 ( 2018年5月20日    両国国技館 )

豊山(下)を寄り倒しで破る白鵬(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 鶴竜と白鵬の両横綱はともに1敗を守った。鶴竜は千代大龍を上手出し投げで退け「決まるとは思わなかった」とコメント。大関獲りを狙う栃ノ心に注目が集まる中「気楽にできている」と話した。

 白鵬は豊山に苦しめられるも、もろ差しから一気に寄り倒し。阿炎に敗れた反省から受け身に回らず「いい相撲」と納得の表情を見せた。栃ノ心については「巻き替えたのは成長。じゃないと逸ノ城は重いからね」と警戒した。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年5月21日のニュース