水鳥強化本部長 内村の復活称賛「リオ五輪に近い完成度」

[ 2018年5月21日 05:30 ]

体操・NHK杯最終日 ( 2018年5月20日    東京体育館 )

 日本体操協会の水鳥寿思男子強化本部長は「上3人の実力が迫り、最後まで誰が代表になるか読めなかった。いろんな収穫があった」と総評した。

 昨年の世界選手権でのケガから復活を遂げた内村については「緊迫した状況で(得点を)取ってくる強さは、かなりリオ五輪に近い完成度に戻ってきた」と称賛。上位2人と最後まで優勝を争った谷川翔についても「最後のミスやDスコア不足をカバーできれば、日本の中心選手になり得る」と高評価を与えた。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年5月21日のニュース