錦織 ディミトロフに逆転勝ち、2年ぶり16強「次も攻める」

[ 2018年5月17日 05:30 ]

テニス イタリア国際 ( 2018年5月16日    ローマ )

イタリア国際2回戦で熱戦を繰り広げた錦織(AP)
Photo By AP

 男子シングルス2回戦で世界ランキング24位の錦織圭(28=日清食品)が同4位のグリゴル・ディミトロフ(26=ブルガリア)に6―7、7―5、6―4で逆転勝ちした。

 3時間近い熱戦を制すと、優勝したかのように両手を突き上げた。第1セットはリードを守れずにタイブレークで落としたが、第2、第3セットはディミトロフのバックハンドを丁寧に攻めながら、先にブレークされる劣勢から逆転した。終盤も激しいラリー戦を制して2年ぶりの16強入り。「劣勢からもいいプレーができた。次も攻めるプレーを心掛けてやりたい」。27日開幕の全仏オープンに向けてギアを上げつつ、3回戦では世界28位のコールシュライバー(ドイツ)と対戦する。

▽全豪オープンはWOWOWで連日生中継(1/14~27※初日無料放送)
外出先でも、見逃した試合もオンデマンド配信で!

続きを表示

この記事のフォト

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年5月17日のニュース