ルーマニア協会 異議申し立ての意向「決定には同意できない」

[ 2018年5月17日 05:30 ]

ラグビーW杯 ルーマニア出場権取り消し

 第1回大会からの9大会連続出場が途切れることになるルーマニア協会は、即座に異議申し立てをする意向を明らかにした。同協会ホームページに掲載した声明では「決定には同意できない」などとWRの決定に抗議。代表資格がないとされたトンガ出身選手については、トンガ協会会長にEメールを通じてルーマニア代表資格が認められることを確認したなどとし、「このような判断で結論づけられることは許されない」としている。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年5月17日のニュース