PR:

十両・照ノ富士が休場 初日から3連敗…来場所幕下転落のピンチ

休場した照ノ富士
Photo By スポニチ

 元大関で東十両8枚目の照ノ富士(26=伊勢ケ浜部屋)が大相撲夏場所4日目の16日、日本相撲協会に「左膝外側半月板損傷で加療中。本日より5月場所の休場を要する」との診断書を提出して休場した。照ノ富士の休場は今年初場所以来で通算6度目。

 照ノ富士は膝の負傷などで大関だった昨年名古屋場所から4場所連続途中休場。春場所の番付は十両となり、大関経験者の十両転落は昭和以降、4人目となった。今場所は初日から精彩を欠き、3連敗していた。

 師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱・旭富士)は「(膝は)ずっと治療しているが、状態がよくならない。きのう(15日)の夜、2人で相談して決めた。下半身の力が入っていない。痛い、と(言っていた)」と経緯を説明。今場所の再出場については「本人は出たい気持ちはある。早く痛みがとれれば、と思っている」と話した。

 診断書通り千秋楽まで出場しなければ、名古屋場所(7月8日初日、ドルフィンズアリーナ)で幕下に転落するのは確実。元大関が幕下の土俵に上がることになれば、昭和以降初めてとなる。

[ 2018年5月16日 10:23 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:05月24日00時〜01時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画