好調鶴竜 22番で20勝 舞の海氏も絶賛「非常に良い」

[ 2018年5月8日 12:12 ]

鶴竜は20勝2敗と状態の良さを持続
Photo By スポニチ

 横綱・鶴竜(井筒部屋)が8日、東京都墨田区の時津風部屋で連日の出稽古を行った。「僕にとってとても大事なこと」とする立ち合いをこの日も重視し、遠藤(追手風部屋)に15勝2敗、大栄翔(同)に5勝0敗と好調を持続。踏み込みの足を変えるなど動きの確認も順調で「またいい稽古ができました」と明るかった。

 稽古を視察した舞の海秀平氏(元小結)も「非常に良い。しっかり相手と当たり合う、しっかり正面から受け止める立ち合いができている」と太鼓判を押した。夏場所初日(13日)の相手候補と目される遠藤との稽古は2日間で23番を数えたが、鶴竜は「まだ稽古なんで」と平常心を強調。仕上がりの良さを認めながらも「調子に乗らず、いつもと変わらないように」と引き締めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2018年5月8日のニュース