稀勢、全勝も出場は流動的 芝田山親方「調子が出ていない」

[ 2018年5月8日 05:30 ]

嘉風(右)と稽古で汗を流す稀勢の里
Photo By スポニチ

 風邪のため6日の稽古を休んだ横綱・稀勢の里は連合稽古に参加した。嘉風との三番稽古は体力差を生かした相撲で9戦全勝。「しっかり休めて良かった。お互いに力を出せたし、いい稽古になった」と話した。ただし、夏場所の出場は依然として流動的。

 芝田山親方(元横綱・大乃国)は「まだ全然調子が出ていない。今のままの稽古じゃ厳しい」とみていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2018年5月8日のニュース