川内、暑さに参る レース後、噴水で頭から突っ込み周囲驚愕

[ 2018年5月5日 05:30 ]

2位相当のタイムでゴールしたゲストランナーの川内
Photo By スポニチ

 陸上男子マラソンの川内優輝(31=埼玉県庁)が4日、埼玉県春日部市で行われた春日部大凧マラソンのハーフマラソンの部にゲストランナーとして出場した。2位相当の1時間5分45秒でゴールしたものの強烈な日差しと暑さでダウン。「水をかぶらないと危ない感じでした」とレース後には噴水に頭から突っ込む“暑熱対策”で体を冷やし、周囲を驚かせた。

 休む間もなく、5日は雨予報の札幌でハーフマラソンに出場する。4月のボストン・マラソンでは低温かつ雨天の中で優勝しているだけに「最高のコンディションです」とこちらの話題には笑みを浮かべていた。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2018年5月5日のニュース