ロケッツが4勝1敗で西地区準決勝に進出 センターのカペラが26得点

[ 2018年4月26日 14:55 ]

チームをけん引したロケッツのハーデン(AP)
Photo By AP

 NBA西地区1位のロケッツは25日、地元ヒューストンで8位のティンバーウルブスを122―104(前半55―59)で退けて4勝1敗。2年連続で1回戦を突破した。

 センターのクリント・カペラ(23)がチーム最多の26得点と15リバウンドを稼げば、ジェームズ・ハーデン(28)も24得点と12アシストをマークして勝利に貢献。第3Qを30―15として試合をひっくり返した。

 14シーズンぶりにポストシーズンに駒を進めたティンバーウルブスはロケッツに対し、レギュラーシーズンを含めて今季1勝8敗。カールアンソニー・タウンズ(22)が23得点、14リバウンドをマークしたが、チームの支柱となっているジミー・バトラー(28)は8得点に終わり、第4Qは出場しなかった。

 ロケッツはホームでは今季37勝7敗。西地区準決勝ではサンダー対ジャズの勝者(現在ジャズが3勝2敗)と顔を合わせる。

 <チーム記録>

 ▼FG成功率=ロケッツ(51・1%)、ティンバーウルブス(50・6%)

 ▼3点シュート成功率=ロケッツ(40・9%)、ティンバーウルブス(47・4%)

 ▼FT成功率=ロケッツ(73・7%)、ティンバーウルブス(75・0%)

 ▼リバウンド=ロケッツ(40)、ティンバーウルブス(38)

 ▼アシスト=ロケッツ(29)、ティンバーウルブス(23)

 ▼ターンオーバー=ロケッツ(5)、ティンバーウルブス(9)

 ▼速攻ポイント=ロケッツ(6)、ティンバーウルブス(10)

 ▼ペイント内ポイント=ロケッツ(44)、ティンバーウルブス(50)

 ▼ベンチスコア=ロケッツ(29)、ティンバーウルブス(32)

 <個人記録>

 ▼チーム最多得点=カペラ(ロケッツ=26)、タウンズ(ティンバーウルブス=23)

 ▼チーム最多リバウンド=カペラ(ロケッツ=15)、タウンズ(ティンバーウルブス=14) ▼チーム最多アシスト=ハーデン(ロケッツ=12)、ティーグ(ティンバーウルブス=7)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2018年4月26日のニュース