PR:

錦織が途中棄権、前週の疲れか動き鈍く「3カ所くらい痛かった」バルセロナOP

バルセロナ・オープン2回戦中の錦織のプレー(AP)
Photo By AP

 テニスのバルセロナ・オープン男子シングルス2回戦が25日行われ、第14シードで世界ランキング22位の錦織圭(日清食品)が同69位のギリェルモ・ガルシアロペス(スペイン)と対戦したが、途中棄権した。

 22日までのマスターズ・モンテカルロ大会で準優勝した錦織は動きが鈍く、簡単なショットがネットにかかるミスも。疲労感をにじませる場面もあった。3―6で第1セットを奪われると、第2セット第1ゲーム途中でリタイア。身体の状態を「ウオーミングアップの時から3カ所くらい痛かった。一番は右太もも」と説明した。

 錦織はバルセロナ・オープンで2014年、15年に2連覇し、16年は準優勝。昨年は右手首痛で欠場している。

 ガルシアロペスは23日の1回戦で杉田祐一(三菱電機)に勝利し、2回戦に進出した。

[ 2018年4月25日 19:01 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:05月26日14時〜15時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画