PR:

川内優輝がWMMシーズン3位!大会ディレクターの投票で

19日、優勝したボストンマラソンから帰国し、来年4月からのプロ転向を宣言した川内優輝
Photo By スポニチ

 来春プロに転向する公務員ランナーの川内優輝(31=埼玉県庁)がまた1つ勲章を手に入れた。世界最高峰のワールド・マラソン・メジャーズ(WMM)の17―18年シーズンが22日のロンドンで終了。16日のボストンを制した川内は、シーズンのポイントで日本人で初めて3位となった。

 17―18年シーズンの対象大会は17年のロンドン、世界選手権、ベルリン、シカゴ、ニューヨークシティー、18年の東京、ボストン、ロンドンの8大会。各レースの1位に25ポイント、2位に16ポイント、3位は9ポイント、4位は4ポイント、5位は1ポイントが与えられる。

 17―18年シーズンの優勝は17年ベルリン、18年ロンドンを制して50ポイントとしたキプチョゲ(ケニア)で、2位は17年世界選手権金メダル、18年ボストン2位で41ポイントとしたキルイ(ケニア)。続いて25ポイントで川内、17年ロンドン優勝のワンジル(ケニア)、シカゴ優勝のラップ(米国)、ニューヨーク優勝のカムウォロル(ケニア)、18年東京優勝のチュンバ(ケニア)の5人が並んだ。

 ここで大会ディレクターの6人が投票を行い、川内が単独3位に選ばれた。WMMの主催者は「キルイとラップを破ったカワウチのボストンの素晴らしい勝利は、この決定に十分に値する」とコメントを発表。川内はWMMシーズン3位の賞金2万5000ドル(約270万円)を手に入れた。

[ 2018年4月24日 08:11 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:09月24日09時〜10時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画