吉田沙保里 東京五輪は「可能性…高くないかも」

[ 2018年4月24日 05:30 ]

女子レスリングの吉田沙保里
Photo By 共同

 レスリングの吉田沙保里(35=至学館大職)から現役続行に消極的な言葉が漏れた。23日、東京都世田谷区の駒大で行われたシンポジウムに小池百合子都知事、DeNA前監督で本紙評論家の中畑清氏らと出席。シンポジウム自体は東京五輪やパラリンピック、それに関わるボランティアについてだったが、中畑氏が「聞いていい?競技続けるの?」と唐突に直撃。吉田はタジタジとなりながらも「2年後は38歳になる年なので迷ってます。考え中です」と返答。「可能性はあるの?」と容赦なく追い打ちをかけられ「可能性は…高くはないかもしれない」と返した。

 恩師の栄和人氏のパワハラ問題なども、休養中の吉田のモチベーションに影響しているのかもしれない。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年4月24日のニュース