遼 ショット不安定で急降下、V遠のく スイング改造一進一退

[ 2018年4月22日 05:30 ]

男子ゴルフツアー パナソニック・オープン第3日 ( 2018年4月21日    大阪府 茨木CC西C=7343ヤード、パー71 )

パナソニックOP第3日 2番で浮かない表情の石川、この日6オーバーと大きくスコアを崩す
Photo By スポニチ

 首位に5打差の11位からスタートした石川だが、7番の第1打を左に大きく曲げてOBを打つなどショットが安定せず、急降下。16年のライザップKBCオーガスタ以来、2年ぶりのツアー15勝目は絶望的となった。「右に出る原理は分かるんですけど、なぜ、それが出るかが分からない」。米ツアー再挑戦を見据えてのスイング改造は依然、一進一退の状態が続いている。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年4月22日のニュース