PR:

錦織 世界4位ズベレフ下し決勝進出 ナダルと対戦へ マスターズ・モンテカルロ大会

準決勝の錦織(AP)
Photo By AP

 男子テニスのマスターズ・モンテカルロ大会は21日、モナコのモンテカルロで行われ、シングルス準決勝で世界ランキング36位の錦織圭(28=日清食品)は、世界4位で第3シードのアレクサンダー・ズベレフ(20=ドイツ)と対戦。3―6、6―3、6―4で勝ち、決勝進出を果たした。

 第1セットは3―3からズベレフがブレークし、3ゲームを連取。第2セットは3―3から今度は錦織がブレークし、そのまま3ゲームを連取。第3セットも優位に試合を進めた。

 もう1試合の準決勝は、今大会11度目の優勝を目指す第1シードのラファエル・ナダル(31=スペイン)が第5シードのグリゴル・ディミトロフ(26=ブルガリア)を破り決勝に進出。錦織とナダルの過去の対戦成績は錦織の2勝9敗。一番最近は16年リオ五輪の3位決定戦で、錦織が勝っている。

 ▼錦織の話 決勝まで来られたのは大きい。(取られた)1セット目もいいテニスはできていた。集中力を保ってプレーできればチャンスは来ると思った。(決勝の)ナダル戦は思い切ってプレーしたい。しぶとさが必要だと思う。

[ 2018年4月22日 01:03 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:09月21日10時〜11時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画