米メディア 数多くマラソン走る独特の“川内スタイル”伝える

[ 2018年4月18日 05:30 ]

第122回ボストン・マラソン ( 2018年4月16日    米マサチューセッツ州ボストン )

ボストン・マラソンを逆転で初優勝を飾った川内(AP)
Photo By AP

 川内が伝統のボストン・マラソンを初制覇したことに、米メディアは日本人ランナーの背景などを報じた。

 地元紙ボストン・グローブ(電子版)は川内を「コーチのいないアマチュアで、高校で働いている」と紹介し、AP通信は30を超える大会で優勝経験を持つことや「2017年だけで12のマラソンを走り、5度優勝した。数多くのマラソンを走ることはトレーニングの手法だと話している」と、独特のスタイルを伝えた。

続きを表示

この記事のフォト

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年4月18日のニュース