瀬古リーダー 川内快挙に手応え、東京五輪選考レース出場期待

[ 2018年4月18日 05:30 ]

第122回ボストン・マラソン ( 2018年4月16日    米マサチューセッツ州ボストン )

ボストン・マラソンで大会新記録の2時間9分26秒で優勝し、月桂冠とメダルを受けた瀬古=1981年4月20日
Photo By UPI=共同

 瀬古リーダーは、東京マラソンでの設楽悠の日本新に続く男子マラソンの快挙に「新しいマラソンの時代になってきた」と手応えを感じた様子。すでに東京五輪代表選考レースのマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)出場権を持つ川内に「ぜひMGCに出てほしい」とラブコールを送った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年4月18日のニュース