遼 米ツアー再挑戦へ新たな決意語る「小平さんに続かないと」

[ 2018年4月18日 05:30 ]

練習グリーンで調整する石川
Photo By スポニチ

 小平が成し遂げた日本人最速の米ツアー初優勝から一夜明けた17日、石川遼(26=CASIO)が国内ツアー第2戦、パナソニック・オープンの会場(大阪・茨木CC)で米ツアー再挑戦へ新たな決意を語った。

 「小平さんに続く選手が出てこないと。世界ランク30位以内に5〜6人の日本人がいてその選手が定期的に帰ってくれば日本も盛り上がる。僕もそこに割って入りたい」

 時の人となった小平にはLINEで連絡。本人からは「奇跡が起きた」との返信があったというが、石川はこの快挙を奇跡だとは思っていない。「日本から世界へ」の夢は、取り組み方次第で実現する。それを小平が証明した。

 小平の世界ランクは前週の46位から27位となり、同8位の松山英樹(26)に続き、トップ30入りを果たした。石川は現在155位。果てしない道のりには違いないが、僚友の快挙は大きな刺激になった。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年4月18日のニュース