PR:

柳田将洋が帰国「あまり望んだ結果ではなかったが、経験を生かしたい」

 バレーボール男子日本代表の主将に就いた柳田将洋(25)が、ドイツ1部リーグ、TVインガーソル・ビュールでのシーズンを終えて成田空港に帰国した。

 今季チームはシーズン8位で、プレーオフも初戦で敗れたが、主将を務めるなど存在感を発揮。「あまり望んだ結果ではなかったが、経験を生かしたい」と早期の代表合流に意欲を示した。当初は言葉の壁に苦労したが、克服して若いチームをまとめた。日本代表でも「若い選手、上の選手とコミュニケーションをとってつなげたい」と話した。来季については「より評価してもらえるところに行く」と海外でのプレー継続を希望した。

[ 2018年4月16日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:07月18日20時〜21時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画