小平 最終日6打差逆転 米ツアー初優勝 日本選手5人目「目指していた舞台 本当にうれしい」

[ 2018年4月16日 04:34 ]

RBCヘリテージで優勝した小平(AP)
Photo By AP

 米男子ゴルフのRBCヘリテージは15日、米サウスカロライナ州ヒルトンヘッドのハーバータウン・リンクス(パー71)で最終ラウンドが行われ、6打差の12位からスタートした28歳の小平智が逆転で米ツアー初優勝を飾った。

 7バーディー、2ボギーの66と伸ばし、通算12アンダーの272で並んだ金シウ(韓国)とのプレーオフを3ホール目のバーディーで制した。賞金は120万6千ドル(約1億2900万円)。

 日本選手による米ツアー制覇は昨年8月までに5勝を挙げた松山英樹以来で5人目。

 ▼小平智の話 (米ツアーは)目指していた舞台なので本当にうれしい。プレーオフに入ってから、ずっと緊張していた。最後のパットを決めることができて気持ちがいい。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年4月15日のニュース