張本智和が世界1位を破る大金星「信じられない。100%以上の力が出せた」

[ 2018年4月6日 15:49 ]

卓球アジア・カップ第1日 ( 2018年4月6日    横浜文化体育館 )

卓球・張本
Photo By スポニチ

 男子シングルスの1次リーグA組で、世界ランク13位の張本智和(14=エリートアカデミー)が、同1位の樊振東(中国)を3―1で撃破した。

 「ホントに信じられない。相手が世界1位ということで思い切りいけた。100%以上の力が出せた」

 張本はこの日午前の試合でゲラシメンコ(カザフスタン)に勝利。「この試合より何十倍もいいプレーをしないと勝てない」と話していた樊振東に、気合十分で立ち向かった。得点のたびに雄たけびを上げ、第1ゲームは11―8で先取。第2ゲームは落としたものの、続く2ゲームを連取して大金星を挙げた。

 1月の全日本選手権を史上最年少で制したが、その後の大会で納得できる結果が出せず。「全日本捨て身の気持ちで」と話していたアジア・カップで真価を発揮。20年東京五輪で頂点を狙う天才少年は、「東京で金メダルを取れる自信がついてきた」と充実の汗をぬぐった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年4月6日のニュース