PR:

張本智和「全日本優勝のプライドはほぼ捨てた」悲壮覚悟でアジア・カップへ

アジア・カップの会見に出席した張本、丹羽、平野、石川(右から)
Photo By スポニチ

 卓球のアジア・カップは6日に横浜文化体育館で開幕する。5日は横浜市内で組み合わせ抽選後に日本代表選手が会見し、男子の張本智和(14=エリートアカデミー)は、「もちろん目指すのは優勝」と気合を入れた。

 1月の全日本選手権男子シングルスを史上最年少で制したが、その後の大会では納得いく結果を出せず。「全日本優勝のプライドはほぼ捨てた」と言う14歳は、「今回は捨て身の気持ちで、1から優勝するんだって気持ちでやっていく」と覚悟をにじませた。

 1次リーグでは世界ランク1位の樊振東(中国)らと同じ厳しい組に入った。「苦しい試合になると思うけど、勝ち抜いて優勝できるようにしたい。いい試練だと思う。学年も変わるので、いい成績を残せるようにしたい」。中学3年生になった怪物は、進撃を誓った。

[ 2018年4月5日 17:03 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:06月19日03時〜04時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画