杉原愛子が日女体大に入学 東京五輪へ「体操第一」

[ 2018年4月3日 13:26 ]

日女体大の入学式に出席した杉原
Photo By スポニチ

 体操女子の杉原愛子(18=朝日生命)が3日、都内で日女体大の入学式に出席した。

 「大学生になったのでパーマをかけて女性らしくしました」と笑みを浮かべた18歳は、14日に今季初戦のワールドカップ東京大会(東京体育館)に臨む。2月下旬に右足首を痛めて約3週間は本格的な練習ができなかったが、既に回復。4種目の個人総合の大会に向け、「ワールドカップという大きな大会で緊張すると思うけど、緊張を力に変えたい」と意気込んだ。

 大学3年生となる20年には最大目標の東京五輪が行われる。「東京五輪に人生を懸けている。そこまでは体操第一。そのあとはいくらでも遊べるので、体操第一で集中していきたい」。自国開催の夢舞台へ、脇目も振らずに突き進む。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年4月3日のニュース