美帆 母校日体大を応援、お見事ノーバン始球式「楽しかった」

[ 2018年4月2日 05:30 ]

<日体大・桜美林大>始球式を行う高木美帆
Photo By スポニチ

 平昌五輪で金を含む3つのメダルを獲得したスピードスケート女子の高木美帆(日体大助手)が首都大学野球の日体大―桜美林大戦で始球式を務めた。

 母校・日体大のジャージーで登板。外角へそれたものの、ノーバウンド投球を披露し「慣れないことは緊張するが楽しかった」と声を弾ませた。3月30日の日本ハム―西武開幕戦(札幌ドーム)で始球式を行った姉・菜那はワンバウンドだったが、「あのレベルじゃ勝ったとは言えない」と笑っていた。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年4月2日のニュース