射撃の東京五輪予選方式発表 日本は計12枠、各種目で1枠 

[ 2018年3月22日 05:30 ]

 国際射撃連盟は20日、20年東京五輪の予選方式を発表し、日本は開催国枠として男女個人各6種目で1枠ずつ、計12枠が確保された。各種目とも国・地域別の出場枠は最大2。

 五輪予選は今年9月に韓国の昌原で開催される世界選手権で始まり、同選手権では個人種目のほかに東京五輪で新たに採用された男女混合3種目の各2枠ずつが決まる。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年3月22日のニュース