大坂、躍進のカギはフィジカル オフに7キロ減量で動き改善

[ 2018年3月20日 05:30 ]

テニス BNPパリバ・オープン   大坂2―0カサキナ ( 2018年3月18日    米カリフォルニア州インディアンウェルズ )

勝利を決め、ガッツポーズの大坂なおみ(AP)
Photo By AP

 大坂はフィジカルの充実が持ち前のパワーを制御する土台となった。昨季開幕時は太め残りの状態で、手首や腹筋のケガも重なり、ランキング的には足踏みが続いた。

 オフに7キロ減量して迎えた今季は動きが改善。米国人のトレーニング担当コーチに加え、今大会からは日本代表のサポート経験もある茂木奈津子トレーナーを専属で帯同し、ツアーを戦い抜く肉体を整えた。

続きを表示

この記事のフォト

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年3月20日のニュース