無良崇人が現役引退 思い出の大会は昨年の全日本「思い描いたスケートができた」

[ 2018年3月16日 13:43 ]

引退を発表した無良崇人を囲みポーズをとる浅田舞さん(左)と浅田真央さん(右)
Photo By スポニチ

 フィギュアスケート男子で世界選手権に3度出場した無良崇人(27=洋菓子のヒロタ)が16日、現役引退を表明した。都内で「浅田真央サンクスツアー」の記者会見に出席した無良は「私、無良崇人は今日をもちまして、現役選手を引退することを決意させていただきました」とあいさつした。

 昨年12月の全日本選手権は3位で、平昌五輪代表を逃した。思い出の大会には「最後の全日本と思って臨んで、シーズン序盤から調子が良くなかった中で、思い描いたスケートができた。いい全日本として締めくくれた」と現役最後の試合を挙げた。

 同学年の浅田真央さんは「同期として頑張ってきた仲。最後のシーズンは私の方が先に引退する形になりましたが、最後まで応援していました。お疲れさまです、と言いたい」と語った。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年3月16日のニュース