アジア大会のマラソン日本代表選手に井上大仁ら4人「勝負をして結果を出していく」

[ 2018年3月16日 19:04 ]

アジア大会のマラソン日本代表に選出された井上大仁
Photo By スポニチ

 日本陸上連盟は16日、8月のアジア大会(インドネシア・ジャカルタ)に臨むマラソン日本代表選手4人を発表した。

 男子は東京マラソンで2時間6分54秒で日本人2位の井上大仁(25=MHPS)、園田隼(28=黒崎播磨)が選ばれた。

 会見に出席した井上は「記録を狙うために、環境良いレースばかりでは力はつかないという自分なりの考えがあり出場を決めた。勝負をして結果を出していく」と気合いを入れた。高温多湿の環境下でのレースになる見込み。暑さには弱くないと話すが「気にしだしたら、ずるずるといってしまう」。暑熱対策として「今年の夏はエアコンに頼らないようにしたい。暑くてもまずは扇風機で」とエアコン断ちを掲げた。

 女子代表はベテランの野上恵子(32=十八銀行)と田中華絵(28=資生堂)の2人が選出された。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年3月16日のニュース